生活費が足りない時には

財布が空っぽの女性のイラストご主人の給料だけで、毎月の生活費が足りなくて困っておられる専業主婦が結構多い世の中です。
その時に、専業主婦の方ですと、家計が赤字の時に今までの貯金で乗り越えられるか、貯金もなかったらどうしようか悩んでしまうと思うでしょう。

ここで疑問となるのが「主婦の私でもお金を借りることが出来るの?」ってことだと思います。
当サイトでは、そういう悩みの主婦の方に向けたカードローン会社をご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最近ではカードローンを申し込むのは、店舗にも行かなくて、ネットから簡単に即日融資できますので、ご主人が会社に出勤されている時間とかですと、
ご主人にもバレないでお金を借りることができるのです。

ご主人に隠す必要がない方でしたら、気にされなくてもいいですが、内緒で借りたい主婦の方が多いのです。
お金のことは夫婦と言えども内緒にしておきたいところでもあります。プライバシーというのは重要です。

内容が内容だけに、なかなか誰にも聞けないと思いますが、疑問点をスマホを使ってネットでキャッシングすることも出来ますので一人で悩まないでくださいね。

会社員・パート・アルバイトで安定した収入のある方はこちら!

プロミス
プロミス 実質年率: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短当日利用可能
特徴: WEBから契約で即日融資も可能!
プロミスを初めてご利用のお客様のうち、Eメールアドレスの登録とWEB明細の利用でうれしい30日間無利息サービス!
ネットからのお申込みなら即日のご融資も可能です。
学生・パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば大丈夫!

プロミスの公式サイトはこちら

アコム
アコム 実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短当日利用可能
特徴: 最短30分で審査回答!
初めての方なら最大30日間金利が無料になる嬉しいサービス有!
ネットより24時間受付。最短30分で審査の結果をお知らせ、即日お振込みもOK!
WEBサイトでは3項目の入力でお借入可能かどうかわかる簡単3秒診断もあるので、お申込み前にチェックできます。
パートやアルバイトの方でもお申込み頂けます。

アコムの公式サイトはこちら

SMBCモビット
SMBCモビット 実質年率: 3.0%~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短即日利用可能
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)
特徴: スマホからも利用OK!WEB完結で申込!
お申込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続きが完結する「WEB完結申込」が便利!
ご利用開始までがスピーディーになる上に、電話での連絡や郵送物もありません!
さらに10秒で簡易審査結果表示の事前審査も!

モビットの公式サイトはこちら

生活費が足りない時はキャッシングを利用すると良い

ATMのイラスト『今月は生活費が足りなくて、貯金が全然なくてピンチ!』と感じた場合は、誰かにお金を借りることになってしまいますよね。

しかし、周りにお金を貸してくれる人がいない場合や、貸してだなんて言いづらい場合も。
そんなときは、金融機関や貸金業者のキャッシングを利用するといいでしょう。

限度額以内なら何度でも借入ができるので、家電を購入するお金を借りた後で、生活費が足りないというピンチになっても、ATMから簡単にキャッシングできます。

キャッシングできるカードさえ作っておけば、真夜中や旅行先でもコンビニATMから簡単に借入ができるので、とても便利です。

キャッシングの申し込みをどこにするか迷う人も多いですが、返済を少しでも楽にしたい場合は、金利が低い金融業者を選ぶといいでしょう。
金利が低い業者というと、銀行や信用金庫などがありますが、金利が低い分どうしても審査が厳しくなる傾向が強いです。

最近は消費者金融などの貸金業者でも、金利が低い業者も増えているので探してみるといいでしょう。
ランキングサイトなどで比較すれば簡単に比較できます。

どうしても今日中にお金を用意しなければいけない場合は、審査スピードが早く即日融資に対応している金融業者を選ぶと良いでしょう。

大手の銀行も最近は審査が早く即日融資に対応している所が増えてきましたが、それでも消費者金融の方が圧倒的に即日融資に対応している所が多いです。

消費者金融ならば比較的審査にも通りやすい所が多いので、足りない生活費を用意したい人は利用するといいでしょう。
ただし消費者金融には総量規制があるので、年収の3分1を超えて借入することができません。
年収が少ない人は高額な借入をするのが難しいので、自分の年収をよく確認して申し込むことが大事です。

キャッシングで即日融資を受ける場合は、審査をスムーズにおこなうために必要書類をしっかり用意するといいでしょう。
希望借入額によっては、収入証明書も必要になるので、あらかじめ職場から取り寄せておくといいでしょう。

専業主婦が総量規制の影響を受けるの?

はてなの女性のイラスト2010年からローンの新しい法律(総量規制)により条件が厳しくなり、専業主婦はご主人の同意書や収入証明書を提出しないといけなくなっています。
貸金業が改定したことで、アルバイトやパートで収入がある人だけしか借りられなくなり、しかも年収の1/3までしか融資してもらえなくなったのです。

この総量規制というのは、「銀行ローンは対象外」なのです。
どういうことかと言うと、銀行ローンは法律が違いますので、ご主人の同意書や収入証明書がなくてもお金を借りることが出来るという訳です。

専業主婦の方が借り入れするには、銀行ローンを利用すればいいということになります。
そこで銀行ローンもいっぱいありますが、商品内容や信用度からおすすめできる銀行ローンを紹介しています。

簡単に当サイトから、それぞれの銀行ローンに入って申し込みが出来ますので利用してみてくださいね。

主婦は銀行カードローンの審査を通過できるのか

貸金業法が改正されて総量規制の運用が始まったことによって、年収の無い人は消費者金融からの借り入れを実質的に不可能な状態になりました。
かつてまでは年収が無い人、特に専業主婦などの人であっても消費者金融系のカードローンを利用することが出来ていたのですが、現在だと総量規制の影響を受けない銀行カードローンしか選択肢が無い状態になっています。

従って専業主婦が銀行カードローンの審査を申し込むことも非常に多くなっているのですが、ではこうした人が銀行カードローンの審査を通過できるのかというと、基本的に信用に問題がなければ融資可能となります。

銀行カードローンからしてみれば消費者金融から借りられない人というのは消費者金融と取り合いにならない美味しい顧客です。
競合するとすれば同じ銀行カードローンですから、口コミなどで「あの銀行は主婦には融資しない」などのように言われてしまうと、売り上げが少なくなってしまいます。
そのため主婦だからという理由だけで融資を断るというのは絶対にやらないと見て良いのです。

ではどういった人だと審査を通過できるのかという話になるわけですが、まずポイントになるのは収入の状態についてです。
家計の主たる収入を担うであろう配偶者の収入はどうか、本人がパートなどで収入を得ているかどうか、こういった要素はかなり重要な点としてチェックされます。
限度額が一定額以下、例えば10万円以下などのように抑えられているのならば最低限の収入があることを証明できればおおよそ問題ありません。

次にポイントになるのが信用情報です。
申し込みがあった段階で他社からの借り入れがあるか、借り入れがあったとして金額や契約件数はどうなっているか、また過去に借金をしていたのであればそれをしっかり延滞などせずに返したかどうかといったところがチェックされるでしょう。

このうち特に注意が必要なのが契約件数と過去のトラブルの有無で、契約件数が多かったり過去にトラブルを起こしたことがあるとなると審査通過の可能性は一気に低くなってしまいます。
ただそういったことがなく、また配偶者の収入やパート収入があるということならば銀行カードローンの審査を通過できる可能性は十分あると考えて良いでしょう。

即日融資の借入に対応した業者を利用したい場合

スマートフォンのイラストキャッシングやカードローンが役立つシーンは意外と多く、私たちの生活に欠かせないものになってきています。

またカードを作成することによって、1回の審査でいつでも融資が受けられる状態になる事は、精神的にも非常に安心できるのではないでしょうか。
消費者金融や銀行が審査を行うことに対して、緊張してしまう方はカードを作成することをお勧めします。

カードは便利に利用できるので、使い方については自分で管理しながら責任を持って利用することが大切と言えるのではないでしょうか。
キャッシングを利用する際に来店不要で申し込みたいと考える方も多いでしょう。
もちろん来店不要で申し込むことが可能になっています。

特にインターネットを利用した申し込み方法は、24時間いつでも受け付けることができるので、普段利用しているスマートフォンや携帯電話を利用して、必要な書類の提出まで簡単に行うことができるようになっています。
また無人契約機ではカードの発行もその日の内で完了することができるので、すぐにカードを利用した融資を受けることが可能になります。
誰とも顔を合わせずに融資を受けることができるメリットは、女性にとっても嬉しいのではないでしょうか。

即日融資で借入を行いたい場合は、それに対応したサービスを行っている業者を選ぶことが大切になってきます。
業者によっては即日中の借入ができない場合もあるので、事前に調べておく必要があるでしょう。
申し込むタイミングによっては即日の利用が難しくなる場合もあります。

またカードの発行を即日中で行いたい場合は、無人契約機の利用で、その日のうちにカードを発行することも可能です。
大切な事は無理なく返済ができる範囲で利用することですが、使う用途をしっかりと自分で判断して、コントロールしながら利用するようにしましょう。

コンビニのATMなどですぐに引き落としができていつでもお金を引き出せる便利さがありますが、使い方には十分に注意する必要があるでしょう。

このページの先頭へ